天空の能舞台[銀座能楽堂]
ここは銀座のど真ん中。かわいい窓が印象的なビルの8階にあるのが銀座能楽堂です。日本で最も高い所(標高も土地代も)にある能舞台です。
今から36年前の1973年に竣工したこの銀座能楽堂ビルは、国立能楽堂や梅若能楽学院も手がけた、大江宏の設計によるもの。
現代建築の大家が手がけているのにもかかわらず意外に知られていません。
9階のエレベーターホールから階段を降りて舞台にたどりつくというユニークなプラン。
見所は107席と少なく、さらに脇正面にあたるところに階段室が食い込んでいるので、ちょっと窮屈。
楽屋へも階段を昇り降りしなくてはならないなど、使い勝手はあまり良くないようです。大家の苦心の跡が垣間みられます。
◆東京都中央区銀座6-5-15 銀座能楽堂ビル ◆03-3571-0197 ◆最寄り駅:東京メトロ[銀座]B9出口から徒歩2分 JR線[有楽町]徒歩5分 
数寄屋橋交差点から外堀通りを新橋方向へ。ソニービルの並び、阪急モザイクの斜向いです。
e0121341_1212359.jpg
e0121341_13391725.jpg
e0121341_13393433.jpg
e0121341_13394656.jpg

[PR]
by batapapa | 2009-07-09 12:04 | 能三昧 life with noh
  << もうすぐ100歳[杉並能楽堂]    井草八幡宮神楽殿 >>