もうすぐ100歳[杉並能楽堂]
現在、東京で二番目に古いと言われている能舞台が、中野の鍋屋横町(通称ナベヨコ)の近くにあります。
竣工は明治43年(1910)ということですから再来年には100周年を迎える老舞台です。
本郷弓町(現文京区本郷2丁目)から和田堀町本村(現杉並区和田1丁目)に移築されたのが、昭和4年(1929)ということです。
東京にある能舞台の多くはシテ方の所有ですが、ここは狂言の大蔵流山本家の舞台。
門を入ると昔風の引戸の玄関があり、観客は舞台をぐるっと囲む桟敷席に座布団を敷いて鑑賞します。
ちょっとユニークなのが橋懸かり。なんと鏡の間からシテ柱までが緩やかなスロープになっているのです。
役者や囃子方はゆっくりと坂を登りながら舞台へと進むことになります。こんな橋懸かりは他では見たことがありません。
舞台と見所との間には狭いギャップがあり、天井のガラス窓から入る自然光が舞台を明るく照らします。
ちなみに東京で一番古いのは靖国神社の能舞台です。明治14年(1881)に建てられた旧芝能楽堂の舞台が、明治35年(1902)ここに奉納されました。
◆東京都杉並区和田1-55-9 ◆tel/fax 03-3381-2279 ◆最寄り駅:東京メトロ丸の内線[中野富士見町]より徒歩5分 
◆URL http://foundation.suginami-nohgakudo.com/
e0121341_1243551.jpg
e0121341_125171.jpg
e0121341_1252020.jpg
e0121341_1253318.jpg
e0121341_1254811.jpg

[PR]
by batapapa | 2009-07-13 02:12 | 能三昧 life with noh
  << ゴールデンウィーク2010-1...    天空の能舞台[銀座能楽堂] >>