建築はどこにあるの 展
6月に国立近代美術館の「建築はどこにあるの 7つのインスタレーション」を訪れた。
上から展示順に、中村竜治[とうもろこし畑]、中山英之[草原の大きな扉]、鈴木了二[物質試行 51:DUBHOUSE]、内藤廣[赤縞]、
伊東豊雄[うちのうちのうち]、アトリエ・ワン[まちあわせ]、※菊地宏[ある部屋の一日]は省略。
建築家の性なのだろうか、具体的なマテリアルを使った作品が多いなかで、内藤廣の赤いLEDによる光のインスタレーションが秀逸だった。
会期は8月8日まで。
e0121341_19133888.jpg
e0121341_1913216.jpg
e0121341_1913199.jpg
e0121341_19124555.jpg
e0121341_19121360.jpg
e0121341_19114482.jpg
e0121341_19113017.jpg
e0121341_19233346.jpg
e0121341_1911560.jpg
e0121341_19103930.jpg

[PR]
by batapapa | 2010-07-02 18:56 | 路上の拾いもの e.t.c.
  << 大手堀の水面    ゴールデンウィーク2010-6... >>