渋谷の隠れた名建築 乗泉寺 josenji temple in shibuya
e0121341_3372644.jpg
e0121341_3374411.jpg
e0121341_414921.jpg
e0121341_42443.jpg

乗泉寺は、渋谷桜丘と代官山のほぼ真ん中にある、日蓮宗の大きな寺だ。
設計は谷口吉郎。ニューヨークのMOMAで話題になった谷口吉生の父であり、
竹橋の国立近代美術館でご存知の、戦後の日本を代表する大建築家のひとり。
ここは以前、建築マップ東京にプロットしたきりで、まだ行ったことがなかった。
先週、すぐ近くで集合住宅の見学会があり、その後に初めて訪れてみた。
まず、広い敷地の真ん中のヘソになる位置に六角形の霊廟を配置し、
コンクリートの低層の施設がその周りを囲むという、秀逸なランドスケープに驚く。
そして、信者のお題目がこだまする体育館のような本堂に二度びっくり。
圧倒的な迫力で立ち上がる蛇腹の長い壁は、
細長い壁とガラスの連続により、見る方向によって明るさや表情が全く異なって見える。
東京の谷口建築の隠れた傑作。まだ見たことのない人は、ぜひどうぞ。
[PR]
by batapapa | 2007-06-08 03:36 | 光のタトゥー lights
  << プラットホームのオーロラ au...    渋谷の鉄仮面 masque d... >>