帰るところ koto-in at daitokuji in kyoto
大徳寺塔頭の高桐院は、いつ来ても感動する。
まず折れ曲がる竹と新緑のアプローチのすばらしさに圧倒され、ほとんど客のいない本堂の庭で大きなため息をつくといった具合。
一般的には細川ガラシャの墓がある事で有名だが、巧みに構成された佇まいの魅力のほうが勝っている。
e0121341_058878.jpg
e0121341_0583031.jpg
e0121341_102341.jpg

[PR]
by batapapa | 2008-06-11 01:03 | 路上の拾いもの e.t.c.
  << ZAHA & TANGE    現代町屋風長屋 new apa... >>