ZAHA & TANGE
代々木第一体育館脇の広場で開催中のモバイルアート展に行ってきました。
とぐろを巻いた白蛇のようなFRP仕立てのザハ・ハディドのパビリオンは、まさにフューチャーワールド。
魅惑的な老女の声に誘導されて見て回るアートは、期待した程ではなかったのですが、内外が一体化したパビリオンの空間こそが一番のアート体験でした。
余談ですが、最後に渡される展示のコンセプトカタログの中の、東京のユニークな建築のページに渡辺洋治の建築が2つも載っています。
このセレクションはかなりマニアックです。
e0121341_1333776.jpg

[PR]
by batapapa | 2008-06-18 13:06 | 路上の拾いもの e.t.c.
  << 地宙船 shibuya sta...    帰るところ koto-in a... >>