カテゴリ:能三昧 life with noh( 4 )
もうすぐ100歳[杉並能楽堂]
現在、東京で二番目に古いと言われている能舞台が、中野の鍋屋横町(通称ナベヨコ)の近くにあります。
竣工は明治43年(1910)ということですから再来年には100周年を迎える老舞台です。
本郷弓町(現文京区本郷2丁目)から和田堀町本村(現杉並区和田1丁目)に移築されたのが、昭和4年(1929)ということです。
東京にある能舞台の多くはシテ方の所有ですが、ここは狂言の大蔵流山本家の舞台。
門を入ると昔風の引戸の玄関があり、観客は舞台をぐるっと囲む桟敷席に座布団を敷いて鑑賞します。
ちょっとユニークなのが橋懸かり。なんと鏡の間からシテ柱までが緩やかなスロープになっているのです。
役者や囃子方はゆっくりと坂を登りながら舞台へと進むことになります。こんな橋懸かりは他では見たことがありません。
舞台と見所との間には狭いギャップがあり、天井のガラス窓から入る自然光が舞台を明るく照らします。
ちなみに東京で一番古いのは靖国神社の能舞台です。明治14年(1881)に建てられた旧芝能楽堂の舞台が、明治35年(1902)ここに奉納されました。
◆東京都杉並区和田1-55-9 ◆tel/fax 03-3381-2279 ◆最寄り駅:東京メトロ丸の内線[中野富士見町]より徒歩5分 
◆URL http://foundation.suginami-nohgakudo.com/
e0121341_1243551.jpg
e0121341_125171.jpg
e0121341_1252020.jpg
e0121341_1253318.jpg
e0121341_1254811.jpg

[PR]
by batapapa | 2009-07-13 02:12 | 能三昧 life with noh
天空の能舞台[銀座能楽堂]
ここは銀座のど真ん中。かわいい窓が印象的なビルの8階にあるのが銀座能楽堂です。日本で最も高い所(標高も土地代も)にある能舞台です。
今から36年前の1973年に竣工したこの銀座能楽堂ビルは、国立能楽堂や梅若能楽学院も手がけた、大江宏の設計によるもの。
現代建築の大家が手がけているのにもかかわらず意外に知られていません。
9階のエレベーターホールから階段を降りて舞台にたどりつくというユニークなプラン。
見所は107席と少なく、さらに脇正面にあたるところに階段室が食い込んでいるので、ちょっと窮屈。
楽屋へも階段を昇り降りしなくてはならないなど、使い勝手はあまり良くないようです。大家の苦心の跡が垣間みられます。
◆東京都中央区銀座6-5-15 銀座能楽堂ビル ◆03-3571-0197 ◆最寄り駅:東京メトロ[銀座]B9出口から徒歩2分 JR線[有楽町]徒歩5分 
数寄屋橋交差点から外堀通りを新橋方向へ。ソニービルの並び、阪急モザイクの斜向いです。
e0121341_1212359.jpg
e0121341_13391725.jpg
e0121341_13393433.jpg
e0121341_13394656.jpg

[PR]
by batapapa | 2009-07-09 12:04 | 能三昧 life with noh
井草八幡宮神楽殿
5月9日、薪能を観に行った。
会場は井草八幡宮。西荻窪駅と西武新宿線上井草駅のちょうど真ん中に位置する、青梅街道沿いの由緒ある大きな神社だ。
神楽殿となっているが、長い橋懸りのある立派な能舞台だ。
平成7年に改修されたため、外壁の風雨に曝されて古びた感じとは対照的に、内部は実に綺麗。影向の松の緑も目にも鮮やかに若々しい。
ユニークなのは、舞台正面に大きな松が立っているので、正面席が左右に分かれることだ。
この日の能は金春流の若手、辻井八郎さんのシテによる「船弁慶」。子役が義経を努め、シテが前段と後段で全く異なる性格の人物を演じる。
解説では「義経を世界一愛する女=静御前と、世界一憎む男=平知盛」という上手い喩えがあった。
薪のはぜる音、風で運ばれる香り、螢のように宙を舞う火の粉が演出する、五感で楽しむ観能だった。
◆東京都杉並区善福寺1-33-1◆問い合わせ先:NPO法人 西荻まちメディア 杉並区文化協会http://www.sugibun.com
e0121341_21175933.jpg
e0121341_21181632.jpg
e0121341_21183089.jpg

[PR]
by batapapa | 2009-06-19 22:08 | 能三昧 life with noh
代々木能舞台
新宿オペラシティーのすぐ近くに能楽堂があるのをご存知でしょうか。
大正・昭和初期に数箇所存在していた屋敷内舞台の遺構の一つで、舞台が屋敷の庭に建っているのは都内ではここだけ。
見上げればオペラシティータワーが舞台の屋根から頭を覗かせています。
観客席=見所は舞台に向かい合う畳敷きの広い畳敷きの座敷で、約180名が入ることができます。
舞台奥の地謡座の天井は天窓になっていて、そこからの光を受けて浮かび上がる鏡板の松が、枯れた美しさを放って演者を見守っています。
橋掛かりと客席の間は中庭になっているので脇正面の席はありませんが、橋懸りの脇の三の松が生の松というのは特筆すべきことでしょう。
光や風や雨や月明かりといった、自然の風情とともに能・狂言を鑑賞できる貴重な舞台です。
2009年の6月に東京都から有形文化財に指定されました。
ここでは年4回の定例会(独吟、仕舞、能)と、演目を能楽師が解説するプレ・レクチャーが催されています。能に興味のある初心者にはお勧めです。
◆東京都渋谷区代々木4-36-14 ◆03-3370-2757 ◆最寄り駅:京王新線[初台]徒歩7分
http://www3.ocn.ne.jp/~masakuni/yoyogikatyou.html
e0121341_2235114.jpg
e0121341_22351578.jpg
e0121341_22353723.jpg

[PR]
by batapapa | 2009-06-12 23:01 | 能三昧 life with noh