カテゴリ:光のタトゥー lights( 56 )
櫛引の光 light like a comb in cafe den
e0121341_13504340.jpg

カフェ傳のカウンター席。
天窓のルーバーから太陽が降り注ぎ、左官仕上げのピンクの壁に、櫛引の光が宿る静かな午後のひととき。
[PR]
by batapapa | 2007-07-30 14:01 | 光のタトゥー lights
錦糸町の光タイル light tiles in kinshicho
e0121341_16365225.jpg
e0121341_1637994.jpg

久々に晴れ上がった昨日、所用で出かけた錦糸町駅前に、光のタイルを発見。
どうやらパーキングタワーの壁面に、隣のフィットネスクラブの建物のガラス窓が反射して出来たらしい。
典型的な光のタトゥーとの出会いだった。
[PR]
by batapapa | 2007-07-25 16:45 | 光のタトゥー lights
MOTのドット dots on mot:museum of contemporary art tokyo
e0121341_2264393.jpg
e0121341_2265396.jpg

東京都現代美術館のエントランスに現れた光のドット。梅雨が明けたら、またこの光に出会えるかも。
[PR]
by batapapa | 2007-07-22 21:54 | 光のタトゥー lights
パリのタトゥー tattoo of light in paris
e0121341_15562415.jpg
e0121341_15563761.jpg
e0121341_15565254.jpg

     photo by nemo stefanovitch

パリに住むローラさんから、はじめてメールをもらったのが、昨年の11月。
サンジェルマン・デ・プレの書店でぼくの「光のタトゥー」を見つけて以来、パリでもタトゥーをたくさん発見しているとのこと。
今日、彼女のパートナーのネモさんが、デファンス地区で撮った写真を送ってくれました。
17年前のパリの一人旅が懐かしく思い出されます。
[PR]
by batapapa | 2007-07-17 15:32 | 光のタトゥー lights
菜の花の足元 entrance of japanese craft shop
e0121341_20484230.jpg
e0121341_20485740.jpg

小田原の「うつわ菜の花」の脇玄関の三和土は、すぐ近くの海岸を映した賑やかな貝殻模様。
大通りに面した正面の入口を避けるようにして脇の路地に入ると、白い暖簾が目に入る。
細い材で細工された引き戸を開けると、京都の町家を思い出させる静かな中庭が待っている。
[PR]
by batapapa | 2007-07-15 21:09 | 光のタトゥー lights
踊る光のクラゲ jellyfish in the dark
e0121341_11143914.jpg
e0121341_1115569.jpg

暗い壁面に光のクラゲが泳いでいる。
夏の強い陽射しが、ガラスブロックを通り抜けてつくりだした不思議なパターンだ。
鎌倉の神奈川県立近代美術館にて。
[PR]
by batapapa | 2007-07-06 11:25 | 光のタトゥー lights
階段の光 light by minimum stairs
e0121341_11261669.jpg

若手建築家、APOLLOの黒崎敏君が設計した新しい住宅で、こんな光を見つけた。
ハイサイドライトと電燈の人工の光が絡み合って、オーガンジーのような模様を造り出している。
[PR]
by batapapa | 2007-06-25 21:01 | 光のタトゥー lights
裏原宿の連続模様 running pattern appears in back street
e0121341_18133671.jpg
e0121341_1883860.jpg

原宿キャットストリートのもうひとつ裏の、若者向けのショップが並ぶ狭い通り。
ある店舗の壁に、突然現れた半円の連続模様。
隣の店が、光沢のある特殊な仕上げの外壁だったので、
そこに反射して、こんな不思議な光が現れたのだ。
[PR]
by batapapa | 2007-06-20 17:59 | 光のタトゥー lights
プラットホームのオーロラ aurora on platform
e0121341_12262513.jpg

西武新宿線の中井駅は山手通りの下にある。
道路拡張工事のために補強の鉄骨が立ち、透明の仮囲いが巻かれている。
そこに夕刻の光が反射して、プラットホームにオーロラのようなパターンをつくりだす。
[PR]
by batapapa | 2007-06-10 11:34 | 光のタトゥー lights
渋谷の隠れた名建築 乗泉寺 josenji temple in shibuya
e0121341_3372644.jpg
e0121341_3374411.jpg
e0121341_414921.jpg
e0121341_42443.jpg

乗泉寺は、渋谷桜丘と代官山のほぼ真ん中にある、日蓮宗の大きな寺だ。
設計は谷口吉郎。ニューヨークのMOMAで話題になった谷口吉生の父であり、
竹橋の国立近代美術館でご存知の、戦後の日本を代表する大建築家のひとり。
ここは以前、建築マップ東京にプロットしたきりで、まだ行ったことがなかった。
先週、すぐ近くで集合住宅の見学会があり、その後に初めて訪れてみた。
まず、広い敷地の真ん中のヘソになる位置に六角形の霊廟を配置し、
コンクリートの低層の施設がその周りを囲むという、秀逸なランドスケープに驚く。
そして、信者のお題目がこだまする体育館のような本堂に二度びっくり。
圧倒的な迫力で立ち上がる蛇腹の長い壁は、
細長い壁とガラスの連続により、見る方向によって明るさや表情が全く異なって見える。
東京の谷口建築の隠れた傑作。まだ見たことのない人は、ぜひどうぞ。
[PR]
by batapapa | 2007-06-08 03:36 | 光のタトゥー lights