カテゴリ:路上の拾いもの e.t.c.( 107 )
ゴールデンウィーク2010-6 岡山の市電
岡山市は路面電車で移動するのが楽しい。レトロな「くろ」から水戸岡鋭治デザインの最新型「MOMO」まで、バラエティー豊かな車両が行き交っている。
e0121341_133323100.jpg
e0121341_13334175.jpg
e0121341_13335175.jpg
e0121341_1334294.jpg
e0121341_13341483.jpg

[PR]
by batapapa | 2010-06-26 13:34 | 路上の拾いもの e.t.c.
ゴールデンウィーク2010-5 後楽園と栗林公園
何度も岡山市に行きましたが、今回初めて本家「後楽園」を訪ねました。
休日で晴天という事もあって園内は人でいっぱい。特に幼稚園の園児たちに占領されたかのような有様でした。
ここには「流店(りゅうてん)」という、座敷の真ん中を川が流れるというユニークな建物があります。また入口の脇には能舞台のある「栄唱の間」が復元されていますが、催しものが無いとここは拝見できないそうです。
高松市内の「栗林公園」も初訪問でした。以前から、「芸術新潮」の中村好文さんの連載に書かれていた、「掬水亭」の雨戸の開け閉めをこの目で見たいと思っていました。コーナーを直角に回転させながら奥の戸袋に仕舞うのだそうです。
早起きして開園とともに行ってみましたが、残念ながら8時半頃でないと職員が来ないことが分かり、あえなく断念。しかし、背後の紫雲山を借景にした百年がかりの庭の造りの見事さには、舌を巻きました。
e0121341_23343442.jpg
e0121341_23344964.jpg
e0121341_2335382.jpg
e0121341_23351840.jpg
e0121341_23353173.jpg
e0121341_23354474.jpg

[PR]
by batapapa | 2010-06-23 23:40 | 路上の拾いもの e.t.c.
ゴールデンウィーク2010-4 高松市内
丹下健三が高松市に残した傑作[香川県庁舎]。1958年竣工。とても50年前の建物とは思えないほど美しい。
それから6年後に[百十四銀行本店]が竣工。日建設計による重厚なデザインは今でもインパクトがあります。ちなみに2000年に[香川県庁舎新館]ができるまで、高松市内で最も高い建物たったそうです。
他に県庁の隣の小さいながらユニークなファサードのビルや、街の活気を象徴するアーケード街の巨大なドームなど、見どころいっぱいでした。
e0121341_13241337.jpg
e0121341_1338584.jpg
e0121341_1342015.jpg
e0121341_13421279.jpg
e0121341_13422239.jpg

[PR]
by batapapa | 2010-06-21 13:43 | 路上の拾いもの e.t.c.
ゴールデンウィーク2010-2 倉敷逍遥
5月はじめに、久しぶりに倉敷を訪ねました。
アイビースクエアから景観保存地区に足を進めれば、様々な景色が見え隠れします。ユニークな表札も見つけました。
e0121341_244166.jpg
e0121341_2441230.jpg
e0121341_2443423.jpg
e0121341_2444723.jpg
e0121341_245218.jpg

[PR]
by batapapa | 2010-06-04 02:46 | 路上の拾いもの e.t.c.
ゴールデンウィーク2010-1 閑谷学校の鏡床
先月末に念願の閑谷(しずたに)学校を訪れました。
新緑のまぶしい岡山の山奥に、長く続く石塀で囲われた藩校が造られている。環境と建築の関係が実に見事でした。
◆ http://shizutani.jp/ ◆岡山県備前市閑谷784 ◆JR山陽本線[吉永駅]から3.5km
◆問合せ先:特別史跡閑谷学校顕彰保存会 Tel.0869-67-1436 
e0121341_16152756.jpg
e0121341_16161081.jpg
e0121341_16163567.jpg
e0121341_1617021.jpg
e0121341_16174572.jpg

[PR]
by batapapa | 2010-05-30 16:21 | 路上の拾いもの e.t.c.
ご無沙汰です。
ビックリした? 損保会社の新聞広告に、石原軍団の面々の顔写真が原寸大で出ているのを見つけました。
能面のように顔の前にかざしてみたら、カミさんに大ウケでした。
e0121341_1881.jpg

[PR]
by batapapa | 2009-06-09 01:09 | 路上の拾いもの e.t.c.
金沢逍遥-8 方林円庭 a brief journey to kanazawa-8
加賀の山代温泉にある「べにや無可有」に一泊した。
ここには各室露天風呂付きだけでなく、「方林円庭」という瞑想空間がある。竹山聖設計の板敷きの広いホールに25本の柱が立ち、24時間自由に入室できる。
ウッドデッキの向こうに松と竹林が見えるところは能舞台さながら。2007年の春には人間国宝の梅若六郎による「夜桜とお能」の会もあったとか。
e0121341_11151853.jpg
e0121341_11153359.jpg
e0121341_11225224.jpg

[PR]
by batapapa | 2008-12-21 11:26 | 路上の拾いもの e.t.c.
金沢逍遥-7 高木商店 a brief journey to kanazawa-7
金沢市内に麹を製造販売している「高木商店」を訪ねる。
麹に牛乳を加えたヨーグルトのような、ユニークなデザートのもてなしを受ける。
見上げると6メートルはある天井高。昔ながらの古い建物を、修理しつつ今も使い続けている。塔のように積み上げられた麹は圧巻。道具類にも歴史を感じる。
麹はもとより、甘酒、味噌づくりセットや、金澤の冬の風物詩のひとつでもある、かぶら の間に鰤を挟んで 麹で漬けた「かぶら寸し(寿司)」も販売。
高木商店:石川県金沢市東山1-9-3 Tel.076-252-7461 fax.076-251-5501 年中無休 ひがし茶屋街近く實相寺向い
e0121341_10145128.jpg
e0121341_1015462.jpg
e0121341_10151998.jpg
e0121341_10153769.jpg

[PR]
by batapapa | 2008-12-17 10:19 | 路上の拾いもの e.t.c.
金沢逍遥-6 金沢21世紀美術館 a brief journey to kanazawa-6
兼六園と向かい合うようにして建っている、金沢21世紀美術館。言わずと知れた妹島和世と西澤立衛のユニットSANNAの設計。
訪れた日の企画展は、写真家杉本博司「歴史の歴史」と銘打った、氏のお宝開陳博覧会だった。
e0121341_102188.jpg
e0121341_109931.jpg
e0121341_1092687.jpg
e0121341_1095148.jpg
e0121341_1010837.jpg

[PR]
by batapapa | 2008-12-15 10:10 | 路上の拾いもの e.t.c.
金沢逍遥-5 兼六園 a brief journey to kanazawa-5
しっとりした雨のなかの兼六園だった。しかし紅葉が真っ盛り。
e0121341_6385159.jpg
e0121341_6391247.jpg
e0121341_6392710.jpg
e0121341_6395261.jpg

[PR]
by batapapa | 2008-12-14 06:40 | 路上の拾いもの e.t.c.